債務整理のコラム

更新日:New

債務整理について

務者(お金を借り入れる側)の債権者というお金を貸し付けを行う側に返済している借金を整理することを債務整理と言います。

借金の返済に遅延が生じると、利息は嵩む一方で借金は増加の一途を辿ります。この他、借金返済に充当するため、別の業者から借金をするという繰り返しにも陥ります。尋常ではないほど返済を催促されて、仕事や家庭を失うケースもあります。

肉体的にも精神的にも追い込まれ、夜逃げをしたり、自殺する人もいます。借金を整理する債務整理は、何もできなくなった状況から再起をかけることが可能なのです。債務整理の先にあってほしいのは、借金の金額を少なくして返しやすくすることです。

そうするには、借金の利息・返済方法絡みのテコ入れが必要です。利息でしたら、利息制限法に基づいた計算をすることで、利息額を安くします。そして利息の過払い分が見られれば、元金返済分に充当することもできます。

それだけでなく債権者に対し、法律や制度を根拠にして交渉の成立を目指します。債務整理を終えると、利息が緩和されたり、元金が減ったり、免除になったりします。これ以外には、返済期間を引き延ばすことが可能で、月々の返済金額が減らされ、借金を全て返し終えることができます。

債務整理で感じられる魅力は、手続きに乗り出すと共に債権者からの請求を止められることです。立て続けにされる催促に苦しめられる日々を終わらせ、自分の生活を考えることができます。単純に債務整理と言っても、自己破産、任意整理、特定調停、個人再生の4種類が存在しています。

借金の種別や総額、将来的にも安定収入が得られるかということなどを熟慮して、ベストな整理手続きをします。なお、債務整理が実施されると、信用情報機関ではブラック情報として扱われることになります。ですから、債務整理が済んでも5〜7年間は、新規での借り入れやクレジット払いができなくなります。